一冊のエキス

全24件 次の3件

  • (番外編)「重ね煮」を作って食べる。(所要時間:仕込むまで10分)

    2011年06月08日 「食」を愚かにする事業家は、最後に「食」に泣きます。
    「食」と「健康」はもちろん直結していますし、そして食は「思考・感性」とも直結しています。

    野菜(と魚介類)を重ねて入れて煮る「重ね煮」。
    重ね煮は、たった5分の仕込みでできる、最強の「事業家食」です。

    まずはネットで検索して、重ね煮とは何か?を知って、そして冷蔵庫にあるものを無造作に切って、大きめの鍋に入れて、火にかけてください。

    重ねる「順序」が生む奇跡的な現象が、料理の腕にまったく関係なく、極上の完全食を作り出します。
    「簡単」で「美味しい」のが、毎日食べれる大きな要素のひとつです。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    解説:
    海外に行くと、高インテリジェンス層(=高所得層とほぼ正比例します)が「食」に敏感であることに気づきます。
    対して、日本では感度が鈍く、世界的「食」の潮流から見ると、かなりの出遅れ感があります。

    日本には古くから、精進料理という、素晴らしい完全食が存在します。
    さらに、明治時代に生まれたマクロビオティックはこれも日本発で、現在では欧米の知識層の間では今や「あたりまえ」の領域に入りつつあります。
    ※マクロビオティック=MACRO(大きな)・BIO(生命の)・TIQUE(術)

    カラダは、「食」と「動き」によってつくられます。
    カラダの中のノイズは、「脳」の中にもノイズを作り出します。
    「脳」からノイズを除去して、シャープな思考・感性を手に入れるために、「食」の存在は絶対なのです。

  • (番外編)ホ・オポノポノ実践 その1(所要時間:3分)

    2011年06月05日 目的:
    経営に不必要な「脳内のノイズ」を消去する。


    メカニズム:
    脳内は、自覚できる「表面意識」と自覚できない「潜在意識」でできている。
    自覚できない潜在意識を、ほとんどの人は「自覚できないがゆえに」ほぼ無視して生きているが、これが致命的な間違いを生んでいる。
    潜在意識をメンテナンスすることは、一般の人のみならず、経営者にとっての必須課題である。
    ここにいう上記「脳内のノイズ」とは、経営に必要なアイデアビルディングを邪魔する「潜在意識下の、不要な“感情”の記憶」のことを言う。
    このノイズを消去する方法のひとつが、以下である。


    方法:
    STEP 01 
    目先の「経営問題」をひとつ思い浮かべる。

    STEP 02 
    問題の原因は「実は自分かもしれない」と、思ってみる。

    STEP 03 
    ひょっとしたら「自分に違いない」と、さらに思ってみる。

    STEP 04 
    その問題について「ごめんなさい」と、心の中で謝る。

    STEP 05 
    許し難い人の顔が浮かんだり、許し難い感情が湧き上がったりしたら、「許すことを許してください」と、心の中で自分の潜在意識に向かってお願いする。

    STEP 06 
    心の中に少しでも「ほっ」とした感覚が生まれたら、心の中で「アリガトウ」と礼を言う。


    -------------------------------------------------------
    解説:
    ハワイに伝承されてきた秘法「ホ・オポノポノ」はモナ女史によって現代に再編集され、ヒューレン博士が世界中に啓蒙しているいわば「問題解決手法」です。

    ほとんどの場合、脳内には、表面意識では忘れてしまった「潜在意識下に眠っている許し難い感情」が無数に、強烈に記憶されています。
    これらが、経営上の発想・意思決定を致命的に邪魔します。

    経営に不要な、邪魔なものは消去する。
    ノイズは無数にあるので、上記プロセスは、毎日、思い出す度にアクションする「経営者の日課」です。
    あるときやがて、澄み切ったクリーンな脳の状態を自覚することでしょう。

  • 「フェイスブック・インパクト つながりが変える企業戦略」

    2011年05月05日 いまやソーシャルメディアは世界中に広がり、何種類ものインフラが存在しています。
    その中でも「フェイスブック」は、独特の構造を持ち、爆発的な広がりを続けています。
    かつては英語圏のものでしたが、2011年あたりを境に日本語圏においても市民権を得るようになってきました。

    フェイスブックは、ソーシャルグラフ(人間関係図)の「リアルタイム巨大データベース」です。
    ゆるやかに価値観が近いものどうしがつながり、リアルタイムである種の「会話」をし続けています。

    このユニークな巨大メディアは、徐々に個人の必須インフラ(ケータイ電話と同等の)となりつつあります。
    そしてここに、ビジネスの機会も生まれています。


    高浩伯彦 他著「フェイスブック・インパクト つながりが変える企業戦略」(宣伝会議、2011年)では、「トライバルマーケティング」という概念について、以下のように定義しています。
    ----------------------------------------------------------------------------------
    Tribe(トライブ)とは「年代や性別を超え、共通の興味や趣味、価値観で形成される部族」を意味する。
    トライバルマーケティングとは、マスマーケティングと対比される概念で、「トライブごとに最適化させたマーケティングを実施すること」である。
    ----------------------------------------------------------------------------------

    フェイスブックの内側には、既にあらかじめ、ある程度の「トライブの集合」ができあがっています。
    かつてのネットマーケティングは「SEO(検索エンジン最適化)ありき」でしたが、フェイスブック後の世界は、方法論が大きく変わろうとしています。

    キーワードは、
    「発掘」
    「提案」
    「継続と蓄積」
    です。

    まず、自社と関連するトライブを「発掘」すること。
    既にブランド力がある場合は、プル戦略で見込み客をフェイスブック内に囲い込むことが可能ですが(成功例:ローソン、無印良品、全日空等)、まだブランド力がない場合は、トライブを発掘し、そこへ飛び込むことが有効です。

    次に「提案」。
    共通の興味・趣味・価値観を持つ集合体=トライブに、何を「提案」できるか?
    人は「提案」に対して、検討し、イエス/ノーをジャッジします。
    誠実に、全力で提案しましょう。

    最後に「継続と蓄積」。
    誠実で良質な提案を継続する主体には、やがてファンが形成されます。
    継続が蓄積を生み、評判を生みます。
    密度の濃いトライブの形成です。

初回相談無料です。
節税対策や資金調達など、経営上の課題をお持ちの方まずはお問い合わせください。 丁寧にご対応いたします。
受付/平日 10:00〜17:00 tel:06-6223-1000

24時間受付中!メールお問い合わせはこちら