たとえば医療の分野では、担当医以外の医師に意見を求める、いわゆる「セカンドオピニオン」が
一般化されてきています。この「セカンドオピニオン」は、実は税務・経営の分野でも極めて有効です。
先見の明のある一部の経営者の中では、たとえ中小規模の会社であっても、すでに何年も前から導入され、
大きな成果につなげています。

30年前に比べると、現代の税制は複雑になり、判断の余地が増えました。
判断の要素として
●「法遵守」と「損得」
が基本軸になります。しかし、それに加えて、
●短期的/中長期的なメリット・デメリット
●銀行対応上/節税/その他経営事情におけるメリット/デメリット
を判断の要素に加えなければなりません。

常に100%の手を打つことは不可能です。ですが、判断のための「材料(=情報、意見)」を
仕入れる「環境」をつくっておくことは、「勝つ経営」のための必須条件です。
「セカンドオピニオン」の活用が、それを可能にします。

月額10,500円のセカンドオピニオン・サービスが、「キャッシュリッチ経営」を実現します。


料金10,500円/月(消費税込)
相談回数原則として、月1回
相談方法スカイプまたは面談(面談の場所は、当事務所限定となります。)
特典月刊メールマガジンを購読いただきます。